おすすめ記事
VSCodeのインストール方法
スポンサーリンク

皆さんはコーディングするときどのようなテキストエディタをご利用ですか。

今回皆さんに紹介するのは、Microsoftが提供する高機能エディタ「Visual Studio Code」(以下、VSCode)です。

まずMicrosoftが提供するというだけでも「よさそう!」と感じませんか?

具体的には次のような特徴があります。

  • デフォルトで様々なプログラミング言語のシンタックスハイライトに対応している
  • 豊富な拡張機能
  • 配色テーマを選択・取り込むことでエディタ自体のデザインをお好みなものにできる
  • 軽量で高速

以上から、コーディングのしやすさ、高いカスタマイズ性、高い処理速度など、様々な点において利点があることがわかります。

どうでしょうか?使ってみようかと思いませんか?

少しでも興味が出た方はぜひ、下記にインストール方法を記載いたしますので、ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

インストール方法

インストール手順を下記に記載いたします。
※今回はWindowsOSであることを前提としております。

事前準備

事前に準備しなければいけないことはありません。

手順

1.下記URLよりVSCodeのダウンロードページへ遷移する

 https://code.visualstudio.com/

2.「Download for Windows」をクリックするとexeファイルがダウンロードされる
※MacOSやLinuxの方は「Download for Windows」右の「∨」ボタンから該当のファイルをダウンロードする

VSCode公式サイトのトップページのキャプチャ画像

3.ダウンロードしたexeファイルを開く。

4.「次へ」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(トップ画面)

5.「同意する」を選択し「次へ」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(規約同意画面)

6.「参照」からインストール先を選択して「次へ」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(インストール先フォルダ選択画面)

7.「次へ」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(プログラムグループ選択画面)

8.「デスクトップにアイコンを作成する」を選択して「次へ」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(追加タスク選択画面)

9.「インストール」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(インストール確認画面)

10.インストールが完了するまで待つ

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(インストール中画面)

11.「完了」をクリックする

VSCodeセットアップウィザードのキャプチャ画像(インストール完了画面)

12.デスクトップにアイコンをダブルクリックするとVSCodeを開くことができる

VSCocdeアイコン画像

終わりに

以上がVSCodeのインストール方法となります。

この記事では導入ということでインストール方法をメインに紹介しましたが、VSCodeには様々な拡張機能があり、インストールすることでコーディング・開発速度の向上や、様々なプログラミング言語の開発がより便利になります。

私自身も氷山の一角どころか塵一つ程度も把握しておりませんので、皆さん好みのツールにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
おすすめの記事