おすすめ記事
欅坂46アニラの大阪会場がなぜ狭いのか!乃木坂46にも関わる深刻な問題の可能性も?
スポンサーリンク

 

欅坂46の4thアニバーサリーライブ(大阪公演)が行われましたが、会場は収容人数2700人しかない大阪フェスティバルホールでした。

 

日本武道館での開催も発表されましたが、首都圏外での公演としても狭すぎると感じたため、状況整理と私の考える問題の原因を紹介します。

 

狭い会場について、様々な意見がありますが、私は乃木坂46のファンも無視できない問題があるのではと考えておりますので、ぜひご一読いただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

乃木坂46と欅坂46の生誕ライブ会場サイズ比較

 

これまでのアニバーサリーライブの会場サイズは下記のとおりです。

※比較用に乃木坂46のBirthdayLiveも記載してあります。

 

欅坂46 乃木坂46
都道府県 会場名 収容人数 都道府県 会場名 収容人数
1st 東京都 代々木第一体育館 約13,000人 東京都 幕張メッセイベントホール 約9,000人
2nd 東京都 武蔵野の森総合スポーツプラザ 約10,000人 東京都 横浜アリーナ 約17,000人
3rd 大阪府 大阪フェスティバルホール 約2,700人 埼玉県 西武ドーム 約34,000人
4th 東京都 明治神宮球場 約38,000人
5th 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ 約37,000人
6th 東京都 明治神宮球場
秩父宮ラグビー場
約65,000人
7th 大阪府 京セラドーム大阪 約55,000人

 

グラフにしてみるとよりはっきりしますね。

皆さんが問題視しているように、会場のサイズが徐々に小さくなっています。

 

これに対してSNS上では、

  • キャパが狭いから当たったら近くていい
  • 音響の良さが有名な会場らしい

というようなプラスの見方をしている方も多々いらっしゃいます。

 

しかし私は、そうポジティブに物事を考えず、この問題に対して、改善を行っていかなければならないのではないかと考えております。

 

問題視する理由

 

前途で述べた通り、アニバーサリーライブの会場が1st、2nd、3rdと年を重ねるごとに小さくなっています。

 

私はこの現状について、とても危機感を覚えています。

 

その理由は、会場のサイズと場所に違和感があるためです。

 

私が最も違和感に感じているのは、今回の大阪フェスティバルホールの2700人以上のキャパの会場は都内でなくてもあれば、いくらでも見つかるのではないかと考えているからです。

 

引用:大阪観光案内公式サイト
 

ドームは野球の試合と重なる可能性があるため、難しいかとは思いますが、大阪城ホール、インテックス大阪など、大阪フェスティバルホール以上のキャパであり、かつソニー・ミュージックとかかわりも深い会場はあるはずです。

 

ちなみに、乃木坂46も7th Birthday Liveは大阪でしたが、同時に行われた西野七瀬卒業コンサートの主役である西野七瀬が大阪出身であったこと、そして、大阪では最大規模のキャパを誇る京セラドーム大阪。これ以上の会場を用意することの方が、難しいレベルです。

 

これに対して、首都圏以外でのプロモーションを兼ねたコンサートとして大阪で開催するにしても、これほど狭いキャパの会場でライブを行うのは、やはり、やむを得ない事情があると考えるべきではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

会場が小さくなった原因

 

私はこの原因として考えているのは、ファンの印象が悪いからではないかと考えています。

 

欅坂46のファンの中には警察沙汰になるような問題をいくつか起こしている方がいます。

もちろん、そのような行動を行うのは、ごく一部の心無い方だとは思いますが、その印象がどうしても先行します。

そして、これにより、会場管理者は、会場を貸すことに躊躇してしまうのではないでしょうか。

ここで、実際に発生した、大きな事件をいくつか紹介します。

 

【幕張メッセ】ガラスを割る事件

引用:eichiii
 

2017年の全国ツアーファイナルが行われた2017年8月31日、ライブ終了後に、会場である幕張メッセの窓ガラスが割られるという事件が起きた。

40代のおじさんが、故意ではなく割ってしまったという話もあるが、経緯はどうあれガラスが割られ、犯人は逃げたとあれば、印象は最悪でしょう。

 

【幕張メッセ】握手会発煙筒投げ込み事件

引用:幕張メッセ
 

2017年6月24日に行われた個別握手会にて、平手友梨奈のレーンで発煙筒を投げ込んだファンがいました。

過去にAKB48の川栄李奈と入山杏奈への切り付け事件もあり、握手会の開催意義についても問われるほどの問題となりました。

 

今後気を付けるべきこと

 

どんなに有名アーティストでも、様々な方々の協力を得て、初めて活動できます。それはファンだけでなく、会場の管理者はもとい、その近隣住民など、乃木坂46を知らない方も含めて理解が必要です。

 

それを彼女たちの活躍を願っている私たちが、妨げるようなことをしては本末転倒ではないでしょうか。

 

これを必ずしなさい!ということではないです。

 

今一度、自身の行動を見つめなおして、下記のようなことをしていないか確認してみてください。

  • 他のファンに迷惑をかける行為
  • メンバーに迷惑をかける行為
  • 運営に迷惑をかける行為
  • 一般人に迷惑をかける行為
  • 会場に迷惑をかける行為

 

最後に

 

今回の記事は完全に私の憶測です。

もしかしたら、全く違う理由で会場を選定した可能性もあります。

しかし、私たちファンの印象がそのまま国民の印象になり、アーティストの活動を制限する可能性はあるはずです。

自分の行動に責任をもって、みんながアーティストに魅力を感じ、音楽を楽しめる環境づくりに協力してきましょう!

スポンサーサイト
おすすめの記事