おすすめ記事
レンタルサーバー比較!Quicca vs ロリポップ
スポンサーリンク

「よし!サイトを開設しよう!!」と意気込んでみたが、何から取り組めばよいのかわからない・・・。。と悩んだことはありませんか?

その答えはサイトに関するファイルを置き場所となるサーバーの準備です。
サイトを公開する環境が準備されていなければいくら記事を作っても意味がないですから当然ですよね。

では、サーバーの準備とはいったい何をすれば良いのでしょうか。。
サーバーの準備方法は下記の2通りがあります。

  • 自宅にサーバーを立てる
  • レンタルサーバーを利用する

このうち、前者(自宅にサーバーを立てる)は初心者の方にはお勧めいたしません。
なぜならサーバー自体のコストやPCに関する知識の習得、設定など大きな壁が存在するからです。
もちろん自宅サーバーを立てれば自由にカスタマイズを行えるという点においてこれ以上のものはありませんが、サイトを開設する前にほとんどの方が挫折してしまうでしょう。

対して、レンタルサーバーはカスタマイズ性は劣りますが、必要な設定はすべて完了した状態で提供されておりますので、スピーディーかつ安全にサイト開設ができます。そのため、特別な理由がなければ初心者の方はこちらを利用することをお勧めいたします。

では数あるレンタルサーバーのうちどれを利用すればよいでしょうか。この記事では、その中でも私が利用したことのある「Quicca」と「ロリポップ」を比較した結果を紹介いたします。こちらをご覧いただきレンタルサーバーの選択の参考としていただければ幸いです。

スポンサーリンク

レンタルサーバーの比較

早速「Quicca」と「ロリポップ」を比較してみましょう。

特徴比較

各レンタルサーバーの特徴は下記のとおりです。

ロリポップ Quicca
ライト スタンダード ライト スタンダード
初期費用 1500円 1500円 926円 926円
月額 250円〜 500円〜 450円〜 230円〜
容量 50GB 120GB 30GB 10GB
データベース 1個 30個 5個 20個
電話サポート × × ×
簡単インストール可能CMS WordPress
EC-CUBE
baserCMS
WordPress
EC-CUBE
baserCMS
WordPress
MovableTypeOpenSource
NetCommons
Concrete
PukiWiki
WordPress
MovableTypeOpenSource
NetCommons
Concrete
PukiWiki

【ロリポップ】
全体的に安定しているイメージです。スタンダードプランであれば30個のデータベースを作成することができますし、電話サポートもあるため初心者でも安心してサイト作成に取り組むことができます。また、独自ドメインの設定も簡単で、「ムームードメイン」で取得したドメインと対象となるディレクトリパスを紐づけるだけでOKです。

【Quicca】
大きな強みとしては何と言っても価格が安い点です。WordPressなどのCMSが使用できる月額プランが230円からという点はとりあえずサイト作成に挑戦してみたいという方にとっては魅力的であると思います。

また、簡単インストールできるCMSの種類がロリポップに比べ多いという利点もあります。

しかし、気をつける点が1点あります。それはPHPのバージョンが古く、自分でアップデートができません。現在PHP7が最新である現在でも、インストールされているバージョンはPHP5となっております。そのため、WordPressにプラグインをインストールしても使用できないということが多々あります。その時は、古いバージョンのプラグインを別途ダウンロードして取り込む必要がありますのでご注意ください。

個人的見解

Quiccaは安価ではありますので少しでもコストを減らしたい、もしくは簡単インストールできるCMSに目的のものがあれば良いかと思います。しかし、安心してサイト制作をするのであれば、ロリポップの方がおすすめです。

他にも様々なサーバーやAWSなどもございますので、ご自分の目的にあったサーバーをご利用いただくと良いかと思います。

終わりに

今回は「Quicca」と「ロリポップ」を比較いたしました。
しかし、これ以外にもエックスサーバーやさくらサーバーなど様々なサーバーがあります。
サーバー間の移行はとても大変ですので、載せるコンテンツやセキュリティ、サポートしているCMSの種類など、用途に合わせて検討してみてください。

スポンサーサイト
おすすめの記事