おすすめ記事
【レポート】ドラクエビルダーズ2をやってみて
ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島_20190104155450
スポンサーリンク

発売日(12/20)にドラクエビルダーズ2を購入して、先ほど全クリしました。
他にもやりこみ要素があるようですが、キリがいいので一旦レポートを記載いたします。

こちらをご覧いただき、購入の参考として頂けると幸いです。

スポンサーリンク

ゲームの紹介

ゲーム概要

ゲームの概要は下記の通りです。

タイトルドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島
ジャンルブロックメイクRPG
対応機種PlayStation4/Nintendo Switch
プレイ人数1人 ※マルチプレイ時最大4人
発売日2018年12月20日
CEROA

※引用:公式サイト

特徴

私が考えるこのゲームの特徴(魅力)は下記の3つです。

  • ブロックメイクというジャンル
  • RPG要素がある
  • 複数人プレイができる

このゲームの魅力の1点目はブロックメイクというジャンルであることです。
ブロックメイクというのは基本正方形のブロック(一部特殊な形もあり)をくみ上げたようなフィールドでゲームを楽しめるゲームです。自分でも好きなようにブロックを生成・組み立てができるので、自分好みの建造物やオブジェクトなどを作ることができるゲームです。

例えばこのような建物が作れます!(センスがなくてごめんなさい・・・)

自作した建物と畑の写真

掲示板で投稿したり、定期的にコンテストも行われているので、自分のとっておきを作ってみんなに自慢しちゃいましょう!

2点目はブロックメイクという自由度の高いゲームである中でもRPG要素がある点です。
ブロックメイクの代表的なものの中に皆さんもご存知のマインクラフトというゲームがありますが、こちらは何の説明もなくフィールドにプレイヤーがスポン(生成)されるので、何をしていいかわからず楽しむ前に挫折してしまう可能性があります。これに対して、ドラクエビルダーズはちゃんとストーリーが存在し、その中で様々な素材や操作方法を学ぶことができるので、とっつきやすいです。(私の彼女もマインクラフトは数分で挫折しましたが、ドラクエビルダーズ2は続いています)
ですので、マインクラフトに一回挫折した方も一度やってみてください。

ストーリーで新しく仲間が増えた時の写真

最後はオンラインマルチプレイできることです。
マルチプレイを利用すれば、それぞれが好きなものを作って街にしたり、超大作をみんなで協力しあえば時間短縮やよりユニークなものを作ることもできますし、アトラクションを作ってレースすることもできます。
※ただ、細かいことを指摘しあっているとぎくしゃくすることもあるので、気を付けましょう(^_-)-☆

沢山のモンスターがカメラ目線の写真

みんなでワイワイ遊ぶのは楽しいですよね!一人で黙々作るのも楽しいですが、自由度が高いゲームですので色々な楽しみ方を考えて思う存分堪能しましょう。

こんな人にお勧め

上記の特徴から下記に該当する方にお勧めのゲームと考えます。

  • モノ作りが好きな人
  • みんなでワイワイ遊びたい人
  • まとまった時間の取れる人

1つ目はモノ作りが好きな人です。
ブロックメイクのゲームですので、一番の楽しみは自分の好きなものを創ることです。
自分の思ってたものが出来上がったときの達成感を味わいたい、沢山の人に自分の作ったものを見てほしいという方にはこのゲームは向いていると思います。

2つ目はみんなでワイワイ遊びたい人です。
言わずもがなではありますが、みんなで時間も忘れて遊べるゲームです。
沢山の友達を誘って共同生活を楽しみましょう。

※NintendoSwitchはオフラインマルチプレイ可ですが、PS4ではオンラインマルチプレイのみ可ですのでご注意ください

沢山の村人がガッツポーズしている写真

3つ目はまとまった時間の取れる人です。
作品を作るのには意外と時間がかかります。加えて、超大作を創ったり複数人で作業を行う場合は設計も必要となるので、たっぷり時間をとってがっつりゲームしたいという方にはお勧めです。
逆にまとまった時間がないとただブロックを積み上げて終わるという時間の繰り返しとなってしまう可能性もありますので、不定期で短い時間しかプレイしないという方には少々楽しみにかける可能性もあります。

最後に

ドラクエビルダーズ2は一人でもみんなでも遊べる楽しいゲームです。
ただ頭を少なからず使うゲームなので、疲れやすいゲームだと思います。
適度にお休みをとって遊ぶように心がけましょう(^_-)-☆

花火をたくさんの村人とみている写真

スポンサーサイト
おすすめの記事