おすすめ記事
2019年の目標(興味があれば一緒にどうですか?)
スポンサーリンク

2019年ももう半月以上が立ちました。

今日もゆっくりと余暇を持て余して・・・。。

!!!!!

駄目だ!これではダメ人間になってしまう!!

・・・何か頑張らねば・・・。

ということで今年の目標の明確化を行いました。

もし、この目標に対するアドバイスや、一緒に頑張りたいという方は、
コメントしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

叶えたい目標

目標を決める!とはいえ手探りで思いついたことを始めても、
続くわけがありません。

さらにもし達成しても、全く人生に役立たない可能性もあります。

ということで、まずは、今年の目標の前になりたい自分を
考えてみることにしました。

やりたいこと、なりたい自分は3つ思いついたので、
これをベースに目標を立てていこうと思います。

仕事:音楽業界でデータサイエンティスト・データアナリストになりたい

データサイエンティスト

私は現在システムエンジニアですが、
これまでQlikViewの開発・運用とデータ抽出・加工・分析を
5年間行ってきました。

それを通して、
ただただ言われたデータを準備するのではなく、
もう少しマーケティングに近い距離で、
新しいことを見つけていく仕事がしたい
という気持ちを強く感じ、
この職種にとても興味を持ちました。

また、自分を見つめなおすきっかけが音楽だったので、
音楽業界で活躍することを夢見ています。

趣味:定期的にスポーツをしたい

テニス

興味があるのはテニスとサイクリング!

テニスは中学のときにソフトテニス部に
在籍していました。

昨年テニススクールは体験レッスンに
行きましたが、会員登録には至らず…。

結局これまで通うことができずにいたので、
定期的に趣味と続けていきたいです。

その他:たくさんの人とつながりたい

人の輪

やっぱり何をやるにおいても人とのつながりは
とても大切です。

新しい発見を学んだり、
一緒に大きなことをしたり、
人生が楽しくするうえで仲間というのは、
必要不可欠な存在だと思います。

実は、このサイトを立ち上げた理由のひとつに、
自分を知ってもらい、友達の輪を広げていけたら
という思いがありますありました。

この輪をもっともっと広げて、
色々な方と関わっていきたいです。

なりたい自分になるためにやること

やりたいことを見つけたので、
次にやりたいことを達成するために
具体的に実施しないといけないことを抽出してみました。

音楽業界のデータサイエンティストになるためにやること

これを達成するためにやらなければならないのは、
業務知識の習得転職活動だと考えています。

1つ目の転職活動については、
やりたい職種・業界共に現職とずれているので、
目標を達成するには転職が必要となります。

2つ目の業務知識の習得については、
転職を前提に考えているので、基礎知識は必須です。
具体的には統計学データ分析プログラミングの知識を
重点的に学んでいこうと考えています。

定期的にスポーツをするためにやること

テニスを続けるためにやらなければならないのは、
テニススクールに通うことです。

ただ、近いうちに引っ越しをするかもしれないので、
今年達成するのは難しいかもですね。

サイクリングについては、今自転車がないので、
まず自転車を買いたいです。

車もないですのでまずは折り畳み自転車を
購入して持ち運びできるようにしないとですね。

たくさんの人とつながるためにやること

これまで挙げた目標一つ一つを突き詰めてやっていくことだと思えます。

例えば・・・

転職すれば転職先で新しい同僚やお客様と出会える
テニススクールに行けば同じ趣味の友達ができる
サイトを運営すれば、興味を持ってくれた人とつながれる
乃木坂46を応援することで、乃木ヲタと仲良くなる

ひたすら努力することで成果は後からついてくるという考えで、
あまり考えずに行こうと思います。

スポンサーリンク

2019年の目標

ではこれまでを踏まえて今年の目標を考えてみました。

この目標を達成のために一年間しっかり計画立てして、
頑張っていこうと思います。

最終目標2019年の目標
データサイエンティスト統計検定1級取得
データサイエンティスト転職
定期的なスポーツテニススクールに通う
定期的なスポーツ折り畳み自転車購入+10回サイクリング
人とつながるサイトの活性化(1日平均100PV)

終わりに

私個人的な目標を
勝手に発表させてもらいました。

これにより私自身目標の整理や、
強い意思を持つことができたと思います。

皆さんもこれを見て、「私も頑張りたい!」と思ってくれたり、
「こういう目標にしたらいいのでは」とアドバイスを頂けると、
とてもうれしいです。

思ったことがあれば気軽にコメントしてみてくださいね。

スポンサーサイト
おすすめの記事